司法書士になる方法

司法書士は客の依頼を受けて不動産の権利に関する登記手続きや、供託手続き、訴訟等に関する手続きの代理をすることができます。


簡易裁判所における訴訟代理をするためには、法務大臣の認定を改めて受けることが要求されていますが、街の法律屋さんとして、様々なシーンで活躍しています。

人気のベリーベスト情報がリニューアルしました。

法律のプロと言えば弁護士を思い浮かべる人が多いでしょうが、弁護士は費用が高いですし、事務所も立派で敷居が高く感じられてしまう場合が多いです。
その点、司法書士の費用は安めの設定になっていますし、こじんまりとした事務所になっているケースが多いので、気軽に利用しやすいといったメリットがあります。
この司法書士になるための方法は、大きく分けて2種類あります。

千葉の弁護士の情報が満載です。

1つは、裁判所事務官や検察事務官、簡易裁判所判事などの職務に一定期間以上従事していた者が法務大臣による考査を受けて資格を取得するという方法です。


ベリーベストの情報を公開しています。

もう1つの方法は、毎年1回法務省によって実施される司法書士試験に合格する方法です。

まず7月に一次試験である筆記試験が行なわれ、その試験に合格した者が10月に行なわれる二次試験の口述試験を受けるという流れになっています。


相続の弁護士に関して最新情報を教えます。

試験科目は全11科目と非常に広範囲に渡っており、特に主要4科目と呼ばれている民法、不動産登記法、商法、商業登記法についてはかなり深い知識を有していることが求められています。

司法試験受験を断念した人がこの試験に流れるケースも多く、試験の難易度はかなり高くなっており、難関試験の一つと言われています。

効率がいい京都の離婚情報を選びました。

http://www.jtsa.or.jp/
http://www.nihon-souzoku.com/
http://www.nichibenren.or.jp/